あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪     
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。   





















★この物語は、投稿していただいたお話を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。   






〜 常闇のホムおじ・第一章 〜



『部下を救う、理解する』

そう決意したおじさんは、早速DQXを始めた。


























そして操作にようやく慣れ、クリアした時。。。。。


















 













『生まれ変わる』のだ!!






























種族像を前にしておじさんは思わず呟いた。


これまで自分の人生をまっすぐに生きてきたおじさんの心は『転生』 という言葉にときめいたのだ。
 





種族は迷わず『ドワーフ』を選択した。




















      

おじさんに一番似ていた からだ。


『オンラインの世界』でどうやって部下と会うのか わからなかった。


あまりにかけ離れた姿では、自分だとわかってもらえない
のではないか。



そう懸念して、ドワーフを選択したのだ。
























おじさんがゲームに夢中になっていると、妻がやってきた。























妻に促され、おじさんは風呂場へと向かった。


そして、夫の趣味をちらりと覗く妻。。。。


いかがわしいサイトでも見ているのではないかと思ったが、ただのゲームであることに安堵した。 





















ゲームの消し忘れに気づいたおじさんが戻り、律儀にログアウトして電源を落とす。


『ゲームは一日一時間』


いつかどこかで聞いたゲームのルールをおじさんは遵守していたのだった。


バスタオルを用意しながら、妻は温かい眼差しを風呂場の戸に向けた。。。





一方、お湯に浸かるおじさんの頭の中は『ゲーム』でいっぱいだった。



























妻:先に休みますね。



そう言って妻は床についた。




オンラインゲームに足を踏み入れてしまったおじさん が、この後再ログインをしてガタラを目指すことも知らずに。。。



















          





 
           










続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪

人気ブログランキング