あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     



















★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話 を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。





〜 常闇のホムおじ・第24章 〜
 



力及ばず、憎きマデサゴーラに撃破されたおじさん。





















おじさんが布団の中でモヤモヤしている頃、チームではおじさんを気遣う会話が交わされていたのであった。




◆ 会社にて ◆


おじさんがツールでせっせと畑に水まきをしていると、
郵便箱に何かが届いた




















釣りが金策になることは
おじさんも知っていたので、とても嬉しい気持ちになった。 






















仕事を終えたおじさんは、再び『仕事』 へ。


ログインしてチムリダにお礼の手紙を出すと、ばつすけが話しかけてきた。 




















なんと!!


今度はばつすけが何やらプレゼントをくれるというのだ!






















憧れの精霊王だった!!


失敗品ではあるが、今のおじさんには到底入手できない代物である。


のどから手が出るほど欲しいが、そんなおいしい話をすんなり受け入れられるほど、おじさんの精神は強くはなかった。。。。


だが、ばつすけは引き下がらない。






















おじさんがそれでも躊躇していると、ばつすけが提案をしてきた。























ばつすけの気遣いに、おじさんは言葉が出てこなかった。























おじさんはありがたく装備を頂いた。



みんながこんな風に自分のことを想ってくれるなんて。。。




























image







続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング