あなたが体験した面白い話!驚いた話!胸キュン話! なんでもお話下さい♪             
 
めい画伯があなたのお話を面白おかしく書いちゃいます♪

応募はこちら  ← 

※ 必ず採用される訳ではありません。     



















★この物語は、メグコさんから投稿していただいたお話 を元に執筆しています。  

注)ホームランおじさんとは関係ありません。





〜 番外編・ばつすけの金曜日 〜
 
























オンラインゲームはDQ10が初めて、ではない。























フルカンストだったり、装備品もフル理論値ではないけれど、必要な装備品はきちんと揃え、需要のある職の準備は万全に整えていた



なので、基本的にはどこへ行くことも出来る。























そんなばつすけはリアルの生活も疎かにはしない
























彼女はばつすけの趣味がゲーム であること、DQ10をプレイしていることも知っている。




ばつすけの家に遊びにきた際に、プレイしている様子を見たこともある。




そんな彼女からLINEが届く。

























ばつすけは『昨夜の出来事』 を思い出し、少し重たい気分でチームに挨拶をするが、としふみの姿はまだなかった。。。。























ばつすけ:(としさん、今日もきっとくるよね!)


元気なとしふみと会えば、変な疑惑も感情も吹き飛んでいくのではないかと思えたのだった。


すると、フレさん達から『竜牙石』集めに誘われ、また雑談が始まる。






















ばつすけは自分が気遣われた 事にハッとし、慌ててそう返事をした。



笑いをこよなく愛する、好奇心旺盛な『花の民』であるプクリポ。



暗い顔はプクリポには似合わない。
























そんな中、チームチャットが騒がしくなった



トゥルン☆



トゥルルン☆
























それを聞いたばつすけは、慌ててフレさん達に伝えた。

























ばつすけの心配をよそに、グレイパラがボソッとつぶやいた
























そんなわけはないと、きっともっと早く来ると、来てほしいと。。。。




ばつすけは願った。。。。。





だが。。。。


























ばつすけ:(偶然。。。だよね。。。としさん。。。。。。。) 




























続きが見たい方は、クリックして頂けると私の創作意欲が上がります♪   
人気ブログランキング